男性型脱毛症治療法

AGA治療薬と治療法

AGA(男性型脱毛症)の治療はどんなことを行っているのでしょうか。AGAの進行を食い止めて育毛、発毛しやすい頭皮環境に整えていく治療法を行います。基本的な治療法はAGAの専門治療薬「プロペシア」を服用することです。

 

その他飲むタイプのミノキシジル、頭皮に塗るタイプのミノキシジル、サプリメントを併用して行って行く場合もあります。ミノキシジルはリアップに含まれている成分としても有名になりましたよね。今はリアップも5%配合の物が発売されていて人気ですからね。

 

AGA+ミノキシジルを併用した治療方法は病院によって行うところ、行わないところがあります。一般の病院ではプロペシアの処方だけしか行わないところもあります。

 

プロペシア+ミノキシジル+サプリメントの併用をすることでプロペシア単体だけのときに比べて高い発毛率になることも証明されるようです。プロペシア単体だけの服用で満足できるような結果にならなかった人にも高い効果が実証されているようです。

 

プロペシア+ミノキシジル(飲むタイプ)
プロペシア+ミノキシジル(塗るタイプ)
プロペシア+ミノキシジル(飲むタイプ+塗るタイプ)
プロペシア+ミノキシジル+サプリメント
プロペシア+サプリメント

 

等AGAの進行状況等によりその組み合わせにも違いがあるようです。

 

 

AGA治療は早い方がいい?

AGA症状が表れてからの期間が短い方が治療の効果もでやすくなります。発症から5年以上経っていたり、ジヒドロテストステロンの感受性が強い場合には治療の効果がでにくかったり著しく効果がでるのが遅くなってしまったりしてしまいます。

 

若い人の場合の方が髪の毛、頭皮の再生速度が速く症状が回復するのが早いとされているようです。年齢が高くなると効果が無いと言うわけではなくそのスピードに違いがあるということですね。

 

抜け毛が気になったり薄毛が気になり始めたら早めの処置が必要ですね。AGAの治療をする場合にも早いに越したことはないということです。症状が軽いうちなら回復する時間も短時間で済む場合が多いですからね。

 

AGAの治療期間

AGA(男性型脱毛症)は進行形の脱毛症です。AGAに対して効果があるプロペシアや育毛剤を使用したとしてもAGAが完治するわけではありません。

 

AGA治療はやり続けなければ意味がありません。例えば1年間治療を続けたからといってAGAの症状が完全に無くなるわけではありません。

 

AGA治療をやり続けなければいけないのです。AGA治療は必ず長期戦になることを心得ておく必要があります。

 

いかに男性ホルモン(テストステロン)が抜け毛に結びつかないようにするか。そのために男性ホルモン(テストステロン)の働きを弱めたりテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されないように抑えるかがAGA治療のカギなのです。

 

頭皮環境を正常化して毛周期を正しいサイクルにしてあげることが必要です。そのためにはプロペシアや育毛剤、頭皮ケアシャンプーの使用のみならず生活習慣を見直すことが超重要なのです。

 

この点を特に意識していない人が多いですね。食事と睡眠時間!めちゃめちゃ重要なんです。髪の毛と頭皮にものすごく影響を与えます。

 

育毛剤と頭皮ケアシャンプーありきで考えている人が多いのが現状です。AGA治療を正しく行うためには食事と睡眠時間を見直すこと!!